形式

・入塾は紹介が主軸

 人の繋がりを重視して運営しています。史塾では、卒業してからもできるだけ学生たちと繋がりを持つように心がけ、講師(福村)も今の大学生や社会人から学ぶようにしています。そして卒業生同士も繋がっていけるように史塾を運営してきました。それは留学や就職の際に大いに役立っているようです。そういった人の繋がりと卒業生からの協力があって史塾は成り立っています。(写真は卒業生も参加する祝賀会です)

※ いわゆる「指定高校」などはありません
※ 紹介がなくてもお申し込みは可能です
※ 後輩への紹介に特典は一切ありません

対象

東大・京大・一橋などの難関国公立大学志望者
早慶上智以上の難関私立大学志望者
世界史選択者、日本史選択者
高校2年生
 高校1年生でもご希望であれば入塾は可能です。

 なお、最初の2ヶ月で通塾の適性試験を行います。現在の知識量は不問ですが、授業を吸収する適性を判断させていただきます。塾側の設定した基準と、学生に必要とされる指導のミスマッチは、双方にとって不幸な結果を招くためです。何卒、ご理解ください。


時期

 17期生(26年度受験の学生)の8月入塾(総合型入試中心の学生)は6月より、11月入塾(一般入試中心の学生)は9月より募集を開始します。なお、高校1年生(27年度受験の学生)でもご希望であれば入塾は可能です。


流れ

 募集時期になりましたら体験授業の日程を公開しますので、出席のうえ、入塾の可否をご判断ください。

 

体験授業

 入塾には体験授業への出席を必須としております。8月入塾(総合型入試中心の学生)は6月に、11月入塾(一般入試中心の学生)は9月に、体験授業の日程を公開します。ご検討の場合は必ず出席してください。

お申し込み

 16期生(25年度受験の学生)の募集は中途入塾も含め、締め切りました。17期生(26年度受験の学生)の体験授業の日程は募集時期がきましたら公開します。お問い合わせや資料請求は「お問い合わせ・資料請求」よりお願いいたします。なお、保護者様主導の場合も、お申し込みなどは学生本人よりお願いいたします